スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筑波山

2012-06-14 Thu :
ってなわけで、やっとこさ筑波山です
山サークルで4月に行く予定だったのですが、風邪ひいたので断念
4月末に個人的に行くことにしたものの、謎の風邪により中止
で、この度、6月10日に大学時代の友人2名連れて行ってみました
もちろんその2人は山経験とかなくて、昔登ったことがある程度
まぁ、日ごろの運動不足解消的なノリで参加した感じです
とりあえず、事前準備とこんな感じの登山だよ程度の知識は吹き込みましたが・・・・




1206141.jpg
筑波エクスプレス駅から筑波山行きのバスに揺られること40分くらい
さすがに駅からの始発バスだと客が多い多い
1台のバスに乗り切れなかった場合、次が30分後になるので余裕を持って行動したほうが良いですなー


続きは右の▼から
1206142.jpg
バスでは満員だったけれど、いざ神社スタートで御幸ヶ原コースを登ると
大体の人(主に中高年)はケーブルカーで頂上付近まで行っちゃう為
登山口ではちょっとしかいません
・・・まぁ、それでも、普段自分が登る山の20倍以上の人遭遇率なんですが


1206143.jpg
登山道の途中ではケーブルカー付近を通るため、線路とかも見えます


1206144.jpg
前日が雨だったため、地面はぐちゃぐちょ
今回は忘れずに、レインスパッツ持ってきたよっヽ(`Д´)ノ


1206145.jpg
筑波山は道の整備が行われていますが、全体的にガレ場が非常に多く、
1段1段の段差が結構高かったりします
木の根っこも道のところどころにあるので、結構足を引っ掛けやすかったり



1206146.jpg
山経験が無い友人を連れているので、登山スピードはゆっくり目
休憩もこまめに入れていたので、登り90分コースを2時間で登りました
最後の木段連打は結構大変だた;


1206147.jpg
ケーブルカーの終点。筑波山頂駅です。ここから頂上の女体山までは目と鼻の先。
人も非常に多く、観光客や子連れの散歩夫婦等、山登り目的以外の人も多数。



1206148.jpg
山頂駅から頂上までも勾配が少ないため、道中もちびっ子が多数。
元気に挨拶までしてくれました。良い子に育つでしょう。


1206149.jpg
蛙岩
写真を撮っている時は気づかなかったけれど、がっつり蛙の形してますネ


12061410.jpg
筑波山頂上より
標高が1000m以下でありながらも、日本百名山に数えられるほどの筑波山。
どんなものかと思って見たら、想像以上でした。
今まで登った中でも最高の絶景で、しばらく見とれていました。


12061411.jpg
周辺に高い山が無いため、遠くまで見渡せます。


12061412.jpg



12061413.jpg
女体山(頂上)からはおたつ石コースを進んでつつじヶ丘へと下るコースなのですが
ここが大変。
やたら大きな岩を手をかけながら下って行く感じで、
写真では大した勾配ではないように見えますが、えらい急です


12061414.jpg
弁慶7戻り岩
弁慶がこの岩を通過しようとしたけど、7回引き返したんだそうです
今にも岩が崩れ落ちそうな感じですが、案外大丈夫です



下山途中、ゴールまで@1kmの所で友人の一人が右膝に古傷を負っていて
下山の急なガレ場下りもあって、休憩後の再行動時に急な痛みで動けなくなっちゃいました
時間的には14時位だったので時間的な余裕もあったのですが、
バスの時間も考えると、マズイかなーと思ったけれど
こんなときもあろうかと、テーピングテープをザックに忍ばせておいたので
応急処置だけして、ついでに自分のストック2本も貸して
なんとか事なきを得ました。
普段使わないから存在自体忘れてたテープですが、もしもの時に非常に役に立つモンですね。
下山後は近くにある つくばの湯 にて休憩して帰宅しました。

次回友人を連れて山行く時は
もちょっと標高差の少ない山にしようかなーと猛省中
山は楽しくネ!・・・楽しかったけど

トラックバック

http://jisyouin.blog11.fc2.com/tb.php/299-5f266d7f

おひさー。

筑波山!懐かしい!
平野を満喫できていいですよねぇ。
が、記事にもあるように
わたしの脳内イメージでも
「もうあの登山道(段差や根っこワラワラ)いやだ!」が強すぎて・・・
2回ほど登山しましたが3回目の登山企画があったときは
体調不良♪ってことで逃げましたwww

おつかれさまでしたん。
またの更新楽しみにしてますん。

No title

おお、筑波山SUGEEEE!!!

ゆるゆる登山でも、けっこうトラブルはあるものですよね。
特に下り。
足裏、足首、膝、腰にかなりのダメージがっ!
備えあれば憂いなしと、ワンゲル時代に何度、痛感したことか……。

あああ……登りたいw

No title

>ぽぽち
おひっさ~
ぽぽちも過去に登ったのかぁ^^
確かに、登山道の根っこワラワラと急な段差は大変だった;
でも、あの頂上の景色はスバラシヒ!
次回行くときは、急な段差のルートはロープウェイで飛ばしてしまおうかなww


>仮ちゃん
何気に登山一週間前に地元の祭りに行ってまして
膝がガクガクの状態でのトライでした(マテ
今回は最初からストック使ってたので、なんとかなっちゃいましたが
無理はできないですなぁ;
ちなみに、あんまり使わないような物を色々と持ち込んで
登山中、一人でニヨニヨするタイプです

コメントの投稿







Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。